campground1.jpg

principle.gif


喜連川ファミリーキャンプ場のご予約、ご案内は
公式ホームページをご覧下さい。

1997年04月22日

H.K.、N.Kカップル(埼玉県北埼玉郡)

1997.4.21
岩槻ICから矢板ICまで約2h。途中で買い出しをしてこのキャンプ場に着いたのが12:00。予定どおりのキャンプの始まりといいたいところですが、実は寝坊はするし、サイフは職場に忘れるし、バーナーの燃料は忘れる、あげくは大切なチェアーを忘れ、一緒に来た彼女は"ブーブーブタくん"状態。*
僕はひたすら謝りながらのだったんです。でもそんな僕たちのブルーな気持ちはオーナーご夫婦の暖かい出迎え(りんごジュース最高!!)と、愛犬パテイ&アリスのヨダレの大歓迎、そして何よりキャンプ場そのものが、とてもきれいで静かで環境がよく、それまでのことはぜ〜んぶチャラになってしまいました。本当に一つ一つの施設やサイトの細かなところまで管理がいきとどいていて「きれい。」の一言です。オーナーの情熱が伝わってくる感じがしました。テントなどの設営後は地元の方々の「お花見会」の輪にご一緒させていただいたり、夜は温泉につれていてくださり、さらには朝食に"手作りパン"をいただき、さらにさらに"つけもの"までいただいて、本当に2人とも感謝の気持でいっぱいです。今回のキャンプはいつもの100倍も楽しく思い出に残るものになりました。僕たちのキャンプのモットーは、ボーッとすることです。ただのんびり自分の時間をすごし、自然のなかでリフレッシュして、次の日の仕事を全開で頑張るようにしています。そのことからしても、今回別に何をした訳ではないのですが、今回のキャンプでは、オーナーご夫婦と親しくなるの方々と交流がもて、何より、このキャンプ場にまた来よう!!と思うことができ、心からリフレッシュすることができました。また、是非来たいと思います。(1度と言わず何度でも来ます。)目指せ!世界一のキャンプ場!!応援してます。でも、今のこの「ソボク」さをずっと残していただけたら最高だと思います。お世話になりました。ありがとうございました。
*"ブタくん"なんてひどいっっ!!でもイスをお借りできた時は正直ほっとしました。
あっ、それから、彼はカメラの電池が切れているのも忘れ、今回は一枚も写真を撮ることができなかったのです…・。オーナー御夫妻の暖かいお人柄、アリス、パテイ、静かな心安まる自然に囲まれ、積っていた疲れをいやすことができました。満開の山桜はほんとうにきれいでした。くもり空で、楽しみにしていた星空(特にヘールポップ彗星)が見れず残念でしたが、また近いうちに来たいと思っています。本当に何から何まで良くして頂きありがとうございました。素敵なひとときを過すことができました。
posted by オーナー at 00:00| Comment(0) | 来場者の感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。