campground1.jpg

principle.gif


喜連川ファミリーキャンプ場のご予約、ご案内は
公式ホームページをご覧下さい。

2011年07月12日

7月12日(火)

7月12日(火) 胃がんで胃全摘出手術をうけました
3月11日の地震のあと 3月17日 断水のため コインランドリーへ寄り 車中で弁当を食べたところ、喉がつかえ しゃっくりが出てうまく飲み込めないことに気付きました。
かかりつけの心臓医に相談したところ 食道がんの疑いがあるとのことで 3月28日 済生会宇都宮病院で内視鏡検査を受けた、結果 胃に疑わしい部分があることが判明。 血液をサラサラにする薬を服用しているため 疑わしい部分を一部切り取って検査する生検が出来なかったので、改め 4月6日 バイアスピリン( 血液をサラサラにする薬)を止めて 再度 内視鏡検査。
胃の下部 幽門部(十二指腸につながる方)に二箇所 がんがあり、胃の上部(噴門部)に近い方に二箇所疑わしい部分があるとのことでした。 4月21日 ハイビジョンカメラで3度目の内視鏡検査、やはり 幽門部に近い二箇所は 疑わしく 内視鏡手術では取れない場所でもあるので、極めて初期がんで転移の可能性は殆どないこともあり、胃の全摘出を行うことになりました。
6月25日(土) 入院、6月27日(月) 朝 9時 手術場に入り 午後4時半頃 病室に戻ったらしい。 術後 1〜2日は 危険な状況もあったようですが、 その後 順調に回復、7月9日(土)、術後 2週間で無事退院しました。 主治医の木全先生、副主治医の武居先生ほかチームドクター、看護師の皆さんに深く感謝、御礼申し上げます。 また、心配かけた家族、親戚、友人たちに感謝、と お詫びします。 退院 4日目の今日ですが、元気です。 ただ、胃袋が無くなってしまったので ちびりちびりとしか食べられず、今までの早食いの癖で食べると気分が悪くなります。
だんだん 慣れるしかないでしょう。 年内は 力仕事は無理かもしれませんが、次男の晋が場内整備、妻の博子が接客、清掃など担当してくれますので、キャンプ場は変わりなく継続できます。
皆様のお元気な顔を待っています。  栂野 東房

posted by オーナー at 00:00| Comment(0) | 日記